手汗を自分で一時的に止める方法

手汗を独自で応急処置で止めたいと思ったことは一度くらいはあると思います。
特に普段から手汗が出やすくない人でもあると思います。

 

 

発表会や会議、結婚式、お葬式パーティーなど皆の場合で話しをする時は緊張して手汗が出やすくなるもの。

 

 

なので、こういった緊張状況では誰しも恥ずかしいと思い手に汗握る瞬間があると思います。
だけど、それを応急処置でやりたい場合は例えば次のように幾つかあると言えます。

 

  1. ドラッグストアでワキ汗にプッシュ―と吹きかける制汗剤を使う
  2. 手のツボを刺激してマッサージして汗が出る線をリラックスさせる
  3. ワキに冷たい物を当てがって身体全体を冷やす
  4. マインドコントロールで気を強く持って意識を変える
 

 

など色んな手法があると言えばありますね。

 

しかし、あくまで応急処置での手汗止め対策であって具体的な施策にはならないので注意ですね。

 

ただどうしても急いですぐに手汗を止めたい状況もあると思います。
そういった場合には上記のような方法もあるので、アレンジして手汗止め対策としてやってみてください。

 

 

手汗対策の詳細

 

ちなみに上記の手汗対策の詳細も少し説明しておきます。

 

@ドラッグストアでワキ汗にプッシュ―と吹きかける制汗剤を使う↓
一時的な効果はあると言われています。しかし、原理としては『強制的に手汗腺(エクリン腺、アポクリン腺)などを冷却して汗の穴を止める』ような対処法です。なので、あまり手にとってはよくはないので、多用しないほうが良い対策です。

 

A手のツボを刺激してマッサージして汗が出る線をリラックスさせる↓
手のツボはマスターすれば多少効果はあると思います。正中線を押すとリラックスできるという人もいます。しかし、個人的には特に効果を感じたことがないので人によると思います。

 

Bワキに冷たい物を当てがって身体全体を冷やす↓
風邪をひいて熱が出た時もこのような対処をするときがありますね。そして、身体全体の熱を下げて汗が出るのを和らげる方法です。これは瞬間的にできますし、そこまで害はないので良いと思います。

 

Cマインドコントロールで気を強く持って意識を変える↓
マスターしてしまえば最強。これができれば苦労しないですね。ですが、これはあくまで緊張している場面での対処です。人それぞれポイントは違うと思います。ちなみに私は「別にどうでもいいや」という気持ちでいることで緊張を和らげるようにマインドコントロールすることが多いです。

 

 

 

以上のように手汗の緊急対策として方法はいくつかあります。

 

しかし、根本的に対策ができるわけでもなく、安全性や効果もそこまで継続も期待できないので補助的に何かのきっかけにしてみてください。

 

通常手汗自体継続的に安全性を考慮して対処したい人はテサランをお勧めいたします。